蔵歳時記

秋 酒造りの一年は秋から始まります

9月初旬

仕込み開始

今年の酒造りの始まりです。最初のタンクを9月下旬に仕込み、発酵を経て10月中旬頃搾って出荷しています。この酒を「新酒」といいます。

季節限定品

しぼりたて
新酒 「しぼりたて」 商品を見る
新酒ならではのフレッシュな香り、コクのある味が充分に楽しめます。
11月中旬

酒林(さかばやし)

酒林とは杉玉ともいい、杉の葉で造った大きな丸い玉です。 蔵の軒先に新米で新酒ができたら毎年、新しく酒林を作って吊します。真っ青な酒林は新酒の誕生の知らせです。

酒造安全祈願祭

田村酒造場が所属する東京都酒造組合主催の「酒造安全祈願祭」は毎年11月に、府中市、大国魂神社境内にある松尾神社の分社で行われます。松尾神社は酒造りの神様です。当日は東京都にある全ての蔵元が集まり、ともに一年の酒造の安全を祈願します。

季節限定品

ふねしぼり無濾過原酒
ふねしぼり無濾過原酒:
季節限定品の人気商品(冬期出荷)
 商品を見る
お申込み:11月上旬~11月下旬
配送期間:12月上旬~

冬

12月8日

お釜〆:

竈(かまど)の御祓いをする伝統儀式です。
神官が田村家、酒蔵、井戸を祓い、田村家当主、家族、杜氏はじめ製造部、営業部など酒造りに関わる全員で「今年もいい酒ができますように」と厳粛に祈ります。 神に捧げる供物は当家の畑で採れた野菜を中心とした山のもの、そして海のものに洗い米に塩です。

12中旬

大吟醸造り:

日本酒の最高峰「大吟醸」の造りが始まると蔵に一層の緊張感が走ります。泊まり込みの麹の管理を経て、酒母の仕込みは年末頃。年が明けて醪となった大吟醸の搾りと出荷は例年2月中旬頃となります。

1月1日

元旦の朝、蔵人達は杜氏を先頭に印半纏と前掛けの正装で、田村家に出向き新年の挨拶をします。この日のいでたちは、すべて新品を身にまとうというのが長年の慣わしです。造りは大吟醸の仕込みのまっただ中。振る舞われたお雑煮、お屠蘇の正月らしさもそこそこに蔵人達は酒造りに戻ります。

季節の酒

しぼりたて
吟醸酒 商品を見る
華やかな香りとフルーティさは、春を待つこの季節にぴったりな爽やかな味わいです。

このページの先頭へ

春

3月中旬

甑(こしき)倒し

甑とは酒造りに使う米を蒸す道具で、湯が煮立つ釜の上に乗せて使います。家庭用蒸し器の上の部分のようなものです。今期の酒造りで最後の蒸米が完了したら、酒蔵では「甑倒し」といって今期の仕込みが無事に終了したことを祝う慣わしがあります。

田村酒造場では、まず酒蔵2階に座する酒造りの神様 松尾大明神に祈りと感謝を捧げます。その後、半纏に前掛けという正装に身を包んだ蔵人が頭の音頭で「酒造り唄」を歌い、蔵元と蔵人で祝宴をもち、一年の酒造りの労をねぎらいます。
なお、甑倒しの時点では蒸米が終わっただけですので、あと20日ほど酒造りは続きます。

季節限定品

しぼりたて
ふねしぼり無濾過原酒:
季節限定品の人気商品(春期出荷)
 商品を見る
お申込み:3月上旬~3月下旬
配送期間:4月上旬~
4月下旬

皆造(かいぞう)

皆造とは“みんな造った”という意味で、今期のもろみを全て搾りきり、酒造りのすべてが終了した時の言葉です。皆造後は製品化に伴う仕事が続きますが、蔵人は冬から続いた約半年の緊張の日々から開放されます。

鑑評会 

3月から5月にかけて、各種鑑評会に出品します。鑑評会のために酒造りを行うわけではありませんが、1つの課題に対して取り組むことは大変勉強になり、毎年入賞を目指して頑張っています。

3月は東京都の新酒鑑評会、4月は南部杜氏自醸清酒鑑評会、5月は全国新酒鑑評会です。

6月

呑み切り

呑み切りの「呑み」とは貯蔵タンクについている清酒の取り出し口のことで、「切り」は栓を開けること。呑みきりとは、冬に仕込み熟成を重ねる酒を貯蔵タンクから少量抜いて品質を確かめる重要な行事です。密封力の高いタンクを使用する現代と違って、昔は木桶を使って酒を造っていました。当時は火落ち菌という好アルコール性の乳酸菌が仕込み桶に侵入し、腐造の原因となることがままあり、夏の初めに杜氏が色や香り、味を確かめていました。

現在は東京都の場合、東京都酒造組合に全蔵元が集まり、国政局鑑定官立ち会いのもと、酒質や熟成具合などを検査しています。

季節の酒

生酒
生貯蔵酒 商品を見る
キリッと冷やしておいしい夏のお酒といえばやっぱり生酒!のど越しなめらかでフレッシュです。

このページの先頭へ

夏

7月下旬

八雲神社祭礼

毎年7月最後の土日は福生市をあげて八雲神社祭礼が行われます。福生中の各町会から神輿が競演し、大いに賑わいます。田村酒造場がある永田町の神輿は、嘉泉の筆文字がひときわ男前な酒樽神輿です。毎年、嘉泉の4斗樽の菰(こも)を7枚使って新しく作っています。大吟醸で気勢を上げる田村酒造場を起点に、永田町界隈の家々の庭先に用意した手料理とお酒に迎えられ、なかなか進まない昔ながらの神輿です。

8月上旬

福生七夕まつり

毎年8月7日付近の木曜日~日曜日に4日間開催する有名な七夕まつりです。見事な竹飾りやイベントが人気で多くの観光客で賑わいます。市内に2件の酒蔵がある福生市ということで、田村酒造場(嘉泉)と石川酒造(多満自慢)で「福生地酒まつり」コーナーを担当しています。熱気あふれる祭り会場で頂く、キリリと冷えた升酒を楽しみに、ぜひご来場下さい。

季節の酒

ひやおろし
ひやおろし:9月初旬 商品を見る
旨みののった熟成酒。秋の味覚にベストマッチの逸品です。

このページの先頭へ