酒造り

和醸良酒 わじょうりょうしゅ

良い酒は和から生まれ、和を生む。和とは互いに相手を思いやり協力しあうこと。調和すること。穏やかなこと。

酒造りはチームワーク。
良い酒が生まれる現場には研ぎ澄まされた和があり、それを嗜む人に和をもたらします。

田村酒造場の酒造りを担う蔵人たちは地元出身で、南部杜氏により厳しく育てられた精鋭揃いです。
いい米、いい水、確かな技術は酒造りに欠かせませんが、土台にあるのは人間です。
さらなる高みを目ざして、「和醸良酒」旨い酒を醸します。

このページの先頭へ

蔵人紹介

目指しているのは、全ての酒質の向上と田村酒造場らしい味への挑戦。守るべきものはしっかり押さえながら、ひるまず、自由な発想で酒造りに向き合いたい。そのために、自分の「感度」に敏感でありたい。飲む人の笑顔を思い描いて。

  • 頭(かしら) 塚本京子
  • 蔵人 岡本裕一
  • 蔵人 峯岸伸泰
言ノ葉 言ノ葉

このページの先頭へ

酒造り唄

酒造り唄 酒蔵から絶えゆく酒造り唄。酒造り唄とは蔵人達が様々な工程の作業をしながら歌う、なくてはならない仕事歌でした。

田村酒造場では酒造り唄の伝統を守り、江戸時代の創業以来、重要な儀式の日には蔵人達が揃いの法被で酒造り唄を歌います。

「酒造り唄」

このページの先頭へ