言ノ葉

【杜氏】平成30年度の酒造りに向けて

  • 言ノ葉
  • 2018.12.12

平成30年度の酒造りが始まりました。
おかげさまで平成29酒造年度全国新酒鑑評会、南部杜氏鑑評会において入賞し、
昨年秋の東京局の鑑評会では首席になることができました。
来年は平成最後の鑑評会で、特に南部杜氏鑑評会は100回目となる記念すべき
鑑評会になりますから、ぜひ上位入賞を目指したいと思います。

さて、引き続きの取り組みとしては、東京都立食品技術センターとの共同開発
があります。東京都立食品技術センターでは、酵母、もろみ、酒母と工程ごとに
大変細かいデーターをとることができ、昨年度から、酒母、もろみの数値を
蓄積しています。現場とは異なる詳細な数値の視野から酒造りを眺めて、
何かヒントを得ることができればと期待しています。

現在は一昨年誕生した2種類の酵母菌から、選定試験を行っているところです。
こちらは今年度の造りに選定酵母を使う予定ですので楽しみにしてください。

今年は西日本豪雨災害で農作物にも大きな被害がありました。
岡山県のお米を多く使っているので、刈り取りまで無事に収穫に至ることを
祈りつつ、今年の酒造の息災を願います。

酒質の向上と安定は、私の酒造りの永遠のテーマ。

今後の嘉泉の酒造りに一層のご期待をください。

杜氏 高橋