言ノ葉

【杜氏】令和1年度の酒造りに向けて

  • 言ノ葉
  • 2019.11.12

改元を迎えた令和1年度の酒造りが始まりました。
昨年は記念すべき100回目の南部杜氏鑑評会において入賞できました。
今期もきっちり仕上げて各種鑑評会に臨みたいと思います。

さて、毎年報告しておりました東京都立食品技術センターとの共同開発について。
無事に香り高い酵母菌の選別に成功し、昨年から酒造りに活用しています。
足が遅く、醸造するには難易度が高い酵母菌ですが、香りがあるだけではなく、
全体のバランスがとりやすい長所があります。
数ある中から選んだ当蔵オリジナル酵母ですから、そろそろネーミングを
しなくてはと思案しています。
この共同開発については、引き続き取り組んで参りたいと思います。

今年の新商品「純米吟醸 本まぐろ-HONMAGURO」はマグロはもちろん、
魚料理とのペアリングを目指して造った個性的なお酒です。
「ほどよい吟醸香で、米の旨みやコクがあること」
「後口がキレよい辛口が魚の繊細な旨みや甘味をひきたて、食欲を増進すること」
の2点に狙いを定めて醸しています。大辛・スッキリ系の日本酒はありますが、
そこにほどよいフレーバーが漂うコクがあることが特徴的です。
こちらは今年さらにブラッシュアップを考えています。ネーミングのインパクトが
強い日本酒ですが、その実体は質実剛健。ぜひお試しください。

報道資料:
https://kyodonewsprwire.jp/release/201908280087


今はただ、災厄なく、秋らしい秋の穏やかな気候に恵まれ、無事に実りの秋を迎えることを
祈るばかりです。

酒質の向上と安定は、私の酒造りの永遠のテーマ。

今後の嘉泉の酒造りに一層のご期待をください。

杜氏 高橋